岐阜県の注文住宅なら一級建築士事務所アイ・アーキテクト

お問い合わせ

一級建築士事務所アイ・アーキテクトのブログ

岐阜県の一級建築士事務所 アイ・アーキテクトのブログです。
★ 注文住宅なら岐阜県アイ・アーキテクトホームページ ★

2020年02月04日(火)

営業・設計・工務が三位一体であること [設計事務所]

防水の現場検査に伺いました。

防水検査とは、屋根まわり、外壁、サッシまわり、バルコニー、手すりなど、
雨漏り原因になりやすい部分を重点的にチェックします。

今日の現場監督は、20代の女性。めずらしいです!!
私は初めて女性の現場監督に会いました。

しっかりヘルメットをかぶって、一緒に足場を渡りながら不備を是正して回りました。

※現場に不備がないかをチェックするのが検査。
 だから不備があっても仕方ないのです。それを是正すればいいのですから。

すごく一生懸命で、今後どうしたら現場がもっと良くなるか?
を考えているようでした。

だからでしょうね!
ベテラン大工さんからもいろいろ教えてもらっていました。

私は検査員として現場に伺ったので、それ以上のおしゃべりは厳禁ですが、
見ていて、胸が熱くなりました。

職人さんとコミュニケーションが取れれば、現場に行きやすくなる。
現場に行きやすくなると、施工を理解できる。
施工を理解できると、設計に生かせる。
現場と設計を知れば、お客様の要望を公平に冷静に受け止めれる。
公平な立場になれれば、お客様の話にしっかり耳を傾けれる。

建築業界20年の今は、そう思います。

なので、その女性監督さんに思わずエールを送ってしまいました。
すごくうれしい気持ちになった、防水検査でした。


その後、別の現場の構造検査に伺うと、こちらの現場監督は20代の男性。
ポケットに手を入れて、ノーヘル、スリッパ履き。
※室内では安全のため、室内靴が基本です。

大工さんとの会話にずっと笑って対応していましたが、
笑って許されるのは25歳までの女性だけだよ〜なんて思ってしまいました(苦笑)

不備な点の是正を依頼すると逆ギレ気味。。。

いまだにこんな監督がいるんだと、がっかりな気分になってしまいました。
※私の現場ではないので、余計なお世話ですよね〜


営業・設計・現場工務が三位一体になって、いい住まいができると私は考えています。
今回の180度違う2つの現場から改めて強く思いました。






 

Posted by 石原 靖子(アイ・アーキテクト 女性建築家) at 17時45分
  トラックバック ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.i-architect2008.com/blog0/tb.php?ID=2248

ページのトップへ ページのトップへ

2

2020


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

石原 靖子(アイ・アーキテクト 女性建築家)

アイ・アーキテクト

一級建築士

石原 靖子(アイ・アーキテクト 女性建築家)

検索


カテゴリーリスト

リンク集

珈琲香房 ひと葉

QRコード 携帯から

アイ・アーキテクトのブログは携帯からもご覧いただけます。

ランキング参加中!

人気ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog