岐阜県の注文住宅なら一級建築士事務所アイ・アーキテクト

お問い合わせ

一級建築士事務所アイ・アーキテクトのブログ

岐阜県の一級建築士事務所 アイ・アーキテクトのブログです。
★ 注文住宅なら岐阜県アイ・アーキテクトホームページ ★

2017年04月20日(木)

根拠 [設計事務所]

ちょっと季節外れですが、床暖房のお話を。

床暖房を採用する時は、床暖房対応の床を選ぶことがセオリーです。
無垢の床でも床暖房対応の物がありますが、金額がドンっと跳ね上がります。。。

私がおススメしている床暖房は、低温水式床暖房。
無垢の床でも大丈夫!

なぜか??

配管に銅とアルミを使っているので、40℃〜55℃の温水で温まります。
※一般的には、60℃以上の温水が使われます。

でも、心配ですよね???

ここの床暖房メーカーさんは、採用予定の床材を試験場に送ると、
温水試験をしてくれます。
▽▽▽

画像(101x180)・拡大画像(270x480)

60℃の温水を7日間、流しっぱなしにして、
床の収縮がどのくらいあるかを実験します。

低温水式だからこそ、できる実験ですね。

他の床暖房メーカーで、
事前に床材の収縮を実験してくれるところは、
ありませんでしたから。。。

画像(101x180)・拡大画像(270x480)

約10日後に報告書が届くので、
採用or再検討を知った上で、
無垢の床材を選べることが心強いです。

床暖房は光熱費に関わる熱源選びも大切です。

ヒートポンプ式だと省エネでおススメです。
近々、光熱費をレポートしたいと思います。



根拠ある提案をするのが建築士ですし、
消費者のみなさんは、安心して選択をしたいですよね!



 

Posted by 石原 靖子(アイ・アーキテクト 女性建築家) at 08時46分
  トラックバック ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.i-architect2008.com/blog0/tb.php?ID=1666

ページのトップへ ページのトップへ

4

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

石原 靖子(アイ・アーキテクト 女性建築家)

アイ・アーキテクト

一級建築士

石原 靖子(アイ・アーキテクト 女性建築家)

検索


カテゴリーリスト

リンク集

珈琲香房 ひと葉

QRコード 携帯から

アイ・アーキテクトのブログは携帯からもご覧いただけます。

ランキング参加中!

人気ブログランキング
ブログランキング くつろぐ

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog